首イボはどうしてできてしまうのか?



首イボがあると老けて見えてしまったり、肌が綺麗に見えなくなってしまいます。またネックレスがひっかかって不快に感じるなど、首イボがあって良い事は何もありません。そんな厄介な首イボがどうしてできてしまうか気になっている方も多いでしょう。どうして首イボができるのかを知れば、対策や予防も可能になります。なので、これから首イボがどうしてできてしまうのかを説明していきます。

首イボができてしまう原因は大きく分けて2つです。1つ目の原因は、ずばり加齢です。歳を取ると女性ホルモンが減り、肌の新陳代謝というのも若い頃と比べると落ちています。特に更年期にさしかかる頃が一番首イボは増えると言われているので注意が必要です。年齢を重ねたらできるだけ代謝をあげるように日々の生活で努力をして、首イボを予防するようにしましょう。

2つ目の原因としては、肌へのダメージがあげられます。例えば首というのは襟などで動く度にこすれる部分です。また皮膚が薄いという事で刺激を受けやすく、そのせいで首イボができやすいです。同様に、皮膚が比較的薄くそれでいて動く度に服などで擦れる部位としては、脇の下、胸、足の付け根、横っ腹などがあげられるでしょう。首イボというとその名称から首にしかできないと勘違いされがちですが、実はこれらの部位においてもできやすいので、衣類の摩擦にはしっかりと注意をしないといけません。

例えばオイルであったり保湿クリームで首イボができてしまいやすい首の周り、脇の下、胸、足の付け根、横っ腹あたりに塗るようにしましょう。そうすれば肌の摩擦を軽減し同時にバリア機能をアップさせて代謝をあげる事もできます。後は衣服の素材を綿など肌に優しいものにするというのも摩擦軽減措置としてはお勧めです。そして、紫外線というのも肌へ大きな負担を与え、首イボの原因になりやすいです。なので紫外線対策というのも日頃から顔以外の部分もしっかりと行う事が大切だと言えるでしょう。

首イボの原因や治療【ヨクイニン】なら即解決でもケア商品をまとめています。

ここまで大きな2つの首イボができてしまう原因を説明しましたが、その他にもいくつか首イボの原因になると考えられているものがありますので、ご紹介致します。まず、遺伝により体質的に首イボができやすいというケースがあります。そういった方は、20代という若さでも首イボが発生する恐れがあります。また肥満気味の人というのはそうではない人と比べて首イボが発生しやすいです。

これらの条件に当てはまり首イボが発生しやすいと思われる方は、日頃から保湿や紫外線対策を徹底して、首イボを作らないように注意しましょう。