青汁を飲むベストなタイミングは?寝る前に飲むとデメリットも?


青汁は健康に良く、ダイエットのお供にもぴったりの優れた健康食品です。しかし、この青汁、いったいどのタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか?

この記事では青汁を飲むベストなタイミングをご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

いつ飲んでもOK?

青汁 飲むタイミング
青汁は薬ではありませんので、基本的にはいつ飲んでもOKです。したがって、自分が絶対に「飲み忘れない」タイミングで飲む、それを習慣化するというのが一番大切なことです。

たとえば、朝起きてすぐに飲むとか、寝る前に飲むとか、忘れずに飲み続けられるタイミングで飲むようにしましょう。前日のうちに、翌日の分を作っておいて、冷蔵庫に入れておくなどすると、飲み忘れを防ぐことができます。

ただし、青汁は、飲むタイミングを工夫することによって、栄養を効率的に吸収することができるようになりますので、そのことは留意しておいたほうが良いでしょう。

また、寝る前に飲むことには、ちょっと厄介なデメリットもあるのです。次項からもうすこし詳しく見ていきましょう。

朝起きてすぐ飲むのが効果的?

青汁は朝起きてすぐに飲むのがベストです。私たち人間は、眠っている最中にコップ一杯分の汗をかくと言われています。寝起きは水分が不足している状態なのです。

その状態で青汁を飲むことで、栄養が効率よく体に吸収されていきます。スポンジが水を吸い取るようなイメージでしょうか。

また、この記事をお読みの方のなかには、朝ごはんをついつい抜いてしまうという方もいらっしゃるのではないかと思います。かくいう私もそうです。

時間がなかったり食欲が湧かなかったりで、朝ごはんを食べずに出かけてしまうことは多いんですよね。しかし、青汁一杯なら、遅刻しそうでも、食欲がなくても、飲むことができます。

その日いちにちを快適に過ごすためには朝食を取ることが不可欠ですが、青汁をごはんの代わりにすれば、朝から無理に食べる必要はなくなるのです。この意味でも、青汁は朝に飲むのがよいと言えるでしょう。

寝る前に飲むと……

寝る前に青汁
青汁には食物繊維が含まれています。これは便通の改善に役立つ成分であり、寝る前に青汁を飲めば、翌朝快調という感じですけれども、ひとつ注意しなければならないのは、青汁を飲んだあとは腸の働きが活発化するため、おなかが張ったような、ぎゅるぎゅると動くような感じになるということです。

就寝前に飲むと眠れなくなる可能性があります。体質の問題もあるかもしれませんが、私は青汁を飲んだあとにおなかが張ったようになるのが嫌で、それで一度眠れなかったことがありますから、以来、朝に飲むようにしております。私はそちらのほうが合っているようです。

とはいえ、おなかが張ったようになるというのは、意識すればそう感じるというくらいのもので、あまり気にならない方も多いのではないかと思います。便秘改善のために青汁を飲もうとしている方は、一度、休日前の就寝時に青汁を飲んでみて、大丈夫そうか試してみるとよいでしょう。

気にならなければ、就寝前に飲むのを習慣化すると良いと思います。

フルーツ青汁の効果は?