重大な病気や薬の副作用の可能性も?便秘の種類や原因とは?


突然ですが、みなさんは便秘に悩まされてはいませんか?

便秘解消をするには、そもそも便秘がなぜ起こるのかを知っておかなければなりません。便秘にはいくつか種類があり、それぞれ対処法が異なっているからです。

「便秘の原因を知りたい」
「適切に対処したい」

そのような方が大半ではないかと思います。そこで当記事では、便秘の原因をいくつかご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

便秘の種類、原因とは?

便秘の種類

食物繊維が不足すると便秘になります

よく言われることですが、食物繊維が不足すると便秘になってしまいます。食物繊維には、便の「かさ」を増やしたり、大腸の蠕動(ぜんどう)運動を促したり、腸内の有害物質を吸着したりする働きがあります。

いわば食物繊維が、便や有害物質を絡め取って、外へ押し出してくれるのです。野菜や穀類、豆類を摂るようにすると、便秘が改善する可能性があります。

普段からあまり野菜などを食べないという方は、食生活に気を付けてみてください。

運動不足が便秘の原因に

運動不足も便秘の原因となりえます。便を排出するのには筋肉を使いますが、それが弱っているとなかなか便を押し出すことができないのです。

糖質制限など、運動を伴わないダイエットをしている方は要注意ですね。リバウンドを防ぐためにも、ダイエットをするときには、運動も併せて行いましょう。

また、運動をすることには自律神経の乱れを整えることもでき、これも便秘解消に繋がります。

ストレスで便秘になることも

過度のストレスにより、便秘になってしまうこともあります。あまりストレスを溜め込まないようにしたいものです。運動はストレス解消にもなりますから、おすすめですね。

腸内環境が悪化すると出ません

腸内環境が悪化することによって便秘になってしまうこともあります。腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が共棲しており、この一種の生態系のことを「腸内フローラ」といいます。

悪玉菌が増殖することで、便秘になってしまうことがありますから、常日頃からビフィズス菌、乳酸球菌などの含まれる食品を積極的に摂り、腸内環境を良い状態に保つよう心がけましょう。

水分が不足すると便秘になる可能性も

水分不足も便秘の原因のひとつです。便がからからに乾いた状態だと、押し出すのが難しくなります。

また、食物繊維は水を得ると大きく膨らみ、便の排出を促してくれますが、逆に水分の少ない状態だと、膨らまずにかえって排便の邪魔になってしまいます。

つまり食物繊維が便秘の原因となってしまうこともあるということです。普段から水分をよく摂るようにして、便が適度に柔らかくなるよう心掛けましょう。

病気や薬の副作用かも

病気や薬の副作用等によって便秘が引き起こされることもあります。もしかするとあなたが今飲んでいる薬には、便が出にくくなるような何らかの副作用があるのかもしれません。

またあるいは、あなたの知らないところで、何らかの病気が進行しているのかもしれません。

食生活に気を付け、運動をして、水分もしっかりと摂っているのに、出ない。こういう場合は、病気や薬の副作用が疑われます。早めにお医者さんに相談して、検査してもらったほうがよいでしょう。

ちなみに便秘を引き起こす病気は、大腸がん、腹膜炎、腸閉塞、腸捻転、潰瘍性大腸炎、子宮筋腫、甲状腺機能低下症、糖尿病などです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。便秘が引き起こされる原因は、自分の生活を振り返ってみれば、ひとつは見つかるのではないかと思います。

特に食物繊維不足、運動不足によって便秘になってしまっている人は、非常に多いと思いますよ。

もしそれらの点を改善しても便秘が治らないのであれば、病気等が疑われますから、すぐにでもお医者さんにかかってくださいね。