ダイエットを成功させるため、やってはいけないこと


ダイエット成功

さまざまな情報がある中、なんとなく自分に続けられそうという理由で「ダイエット」に関して間違った方法で実践していませんか?いまやっていること、実は逆効果かもしれません。正しい知識を身につけ、健康的に痩せる方法をご紹介致します。

 

1日に3食食べるな!は間違っている

食べなければいいと思っている人は多いと思います。確かに、たくさん食べるの人と小食な人とでは後者の方が太りにくいに決まっています。しかし、ダイエット中というのは誰しも頑張りすぎてしまうものです。目標が高いほど早く痩せなきゃという焦りから自然と大げさに食事制限をしてしまいがちです。

人間は主に炭水化物を摂取することで一日のエネルギーを得ようとしています。炭水化物を摂取することで体の中で分解され、代表的な糖としてエネルギー源になるため、生きていくうえでなくてはなりません。ダイエット中とはいえ1日1食もしくは2食と決めず、最低限100ℊは摂取する心がけが必要です。

 

体重は定期的に見ない方がいい?

ダイエットには定期的に自分の体重を知っておくことは必要なことです。しかし、管理することはいいことですが、短い間隔で把握しすぎると予想よりいい結果ならいいですが、減りがよくなかった場合人によっては挫折をしてしまうことがあります。ただでさえきついダイエット。案外体重を計らずしばらく様子を見た方がいい結果がでるのかもしれません。

 

半身浴は過去の常識

半身浴は女性の中で一時期常識となりましたが、実は効果はそれほど変わらないと言われています。むしろ、全身湯船につかった方が体の血の巡りが早く、圧倒的に半身浴よりも効率よくカロリーを消費します。なぜ半身浴が話題になりすぎたのかは不明ですが、ダイエットには全身浴が効果的だと覚えておくと良いでしょう。

ダイエットの常識も日進月歩です。過去に当たり前と言われていたことでも現在では真逆の効果なんてことも…。新しい知識を取り入れ効率よくダイエットを目指し、理想の体型をいち早く手に入れましょう。
誰でも簡単に始められる快適生活の方法2019